グループホーム「ふきのとう」の概要


笑顔あふれる施設です。いつも笑い声が聞こえます。

一度お立ち寄りください!笑顔でお迎えいたします。



     ◆認知症対応型生活介護 定員9名様

平成20年7月に、住民の希望でもある介護施設をグループホーム併設型として大竹市郊外松が原地区に開設しました。田園風景が広がる閑静な地域で、四季折々の景色が楽しめます。近隣の食材を使用し、手作りで食事を提供しています。ふきのとう独自の理念[笑顔を大切にします]を、モットーに、笑顔あふれる介護を目指しています。

 

ホスピタリティマインドをもってサービスを提供しています。


お食事サービス

食材サービスや地産の野菜を利用し、栄養面はもちろん利用者様の身体の状況や嗜好を考慮した食事を提供します。利用者様の自立支援のため離床して食堂において食事をとっていただくことを原則としています。

食事時間は、利用者様の体調に合わせて幅を持たせていますので、自分のペースにあわせてゆっくりと食べていただくことができます。

整容サービス

清潔で快適な生活が送れるよう整容のお手伝いや、おおむね1か月に1回、美容師による美容の日を設けています。

入浴サービス

入浴は週2回程度で行います。また清拭(せいしき:タオルなどで体を拭いてきれいにすること)は状況に応じて行います。入浴は座位保持ができる方を基本に普通浴で入浴を行っています。

排せつのお手伝い

排せつの自立を促すため、利用者様の身体能力を最大限活用した援助を行います。

※おむつ代は個人負担です。


医療連携

医療連携として訪問看護ステーションゆうあいと連携し、利用者様の健康管理につとめています。

(協力:広島西医療センタ-) 

口腔サービス

毎食前の口腔体操・食後の口腔ケアを行っています。義歯の破損や歯痛時は医師の訪問診療が受けられます。

(協力歯科:藤井歯科医院)

 

生活リハビリテーション

利用者様の心身の状況に応じ日常生活の中で看護師指導の下、リハビリを行います。また、寝たきり防止のためできる限り離床に配慮します。


看取(みとり)介護

ご家族様、ご本人様のご希望により看取りを行っていきます。

(主治医、訪問看護、施設、家族との相談となります。)


※看取り介護とは

身体的・精神的苦痛、不安をできるだけ緩和し、死に至るまでの期間、対象者の尊厳に十分配慮しながら心を込めて終末期の介護を行なうことです。

基本的に医療依存の高い方は対象となりません。



 Copyright (c) 2014 yuaihome. All Rights Reserved.